written by Kamapote 
8月ももう後半に入り、夏休みももうあとわずか...
過ぎ行く夏の光の断片を写真に残しておくために、自転車を漕いで七里ガ浜の海辺にやってきました。
国道134号線沿いに、江ノ電の鎌倉高校前駅から七里ヶ浜駅付近まで、鎌倉駅方面に向かいます。
この辺りは、江ノ電が最も海岸に近づくところなので、海と同時に江ノ電を写真に収めることができます。
今回は「江ノ電と海」という景色が見られる場所を紹介します。

日坂

江ノ電 鎌倉高校前駅で降りて、鎌倉高校に向かう坂道。にっさか と読みます。地図の上では腰越と七里ガ浜の境い目に当たります。

FullSizeRender

坂道を上っていって見下ろすと 水平線が高くなるため、海面が大きく 綺麗に見えます。
FullSizeRender
左右の切り立った崖で海の景色が切り取られ、まるでソーダ水を満たしたグラスの様です。

この付近は映画やドラマなどの撮影によく使われる所でもあります。そのせいか 私は、初めてここを訪れた時からずっと既視感を覚えていました。
特に日坂の下にある江ノ電の踏切は、アニメ「SLAM DUNK (スラムダンク)」オープニングのシーンで使われた事で有名な場所です。ファンにとっての聖地として、主に中国・台湾・東南アジアの観光客でにぎわっています。
また、是枝裕和監督によって映画化されたコミック「海街diary」1巻と7巻の表紙絵でも この踏切の景色を見ることができます。

七里ヶ浜駅前

江ノ電 里ヶ浜駅の駅前の踏切。写真で右手を流れる川は 行合川。
この辺りは高台ではないので、海が迫ってくる感じはありません。そのかわり空が広いのが良いですね。
踏切の背後には、七里ガ浜の住宅街が広がっています。
FullSizeRender
IMG_7344


鎌倉プリンスホテル前(七高通り)

鎌倉プリンスホテルと七里ガ浜高校の間の坂道。通称七高通り。正面右手には、国道134号線沿いのパシフィックドライブインの屋根も見えています。

FullSizeRender
日坂と同じく、坂の上から見下ろすために海が大きく見えています。ここでは左右のなだらかな斜面で海が切り取られているので、たとえて言うなら青いショートカクテルと言ったところでしょうか。
ここもドラマやミュージックビデオの撮影によく使われている所で、ゆずの「夏色」PVの、”この長い長い下り坂を〜♪” 部分、といえば、ああ あれね、と言う方も多いのではないでしょうか。



この先 鎌倉駅方面に進んで行くと、線路は次第に海岸線からは離れていきます。線路がカーブし始めるところでは、江ノ電と海を斜めに望む構図が得られるビューポイントもあります。それらについては、富士山が綺麗に見える秋の頃に、また改めて。

今日はこの後、極楽寺切り通しを超えて、坂ノ下に向かいます。

読んでくれてありがとう。では、また。