written by Kamapote 
かまくら長谷の灯り。鎌倉 長谷と極楽寺の8つの寺社・施設がライトアップされるイベントです。
日が暮れるのを待って、奥さんと二人で、鎌倉文学館、甘縄神明神社、収玄寺に出かけました。
長谷の街の其処此処に、こんな提灯がぶら下がっています。
FullSizeRender
今年2018年は8月20日から26日までの開催。今日は25日なので、明日26(日)が最終日です。
開催時間は18時半~20時半。ですが、各会場の最終入場は20時までと言うことなので、お出かけの際はご注意を。

主催の「はせのわ」公式HPはこちら
会場ごとに、テーマカラーが決められています。

鎌倉文学館

鎌倉文学館は、旧前田侯爵家の洋館。鎌倉ゆかりの文学者の展示を行なっています。春と秋にはバラが美しいことでも有名なところです。
鎌倉文学館のテーマカラーはブルー。春のバラまつりの頃の華やかさとは打って変わってクールな装いです。

FullSizeRender
IMG_7380


甘縄神明宮

甘縄神明宮は、奈良時代の創建とされる。鎌倉最古の神社。映画にもなった吉田秋生のコミック「海街diary」8巻にも登場する場所です。

IMG_7388
我が家では、今年の初詣はここにお参りしました。
昼間であれば、長い石段を上って振り返ると、海が見えるところです。
FullSizeRender

こちらの神社のテーマカラーは無彩色のグレーとなっていました。境内に上ってみると...
IMG_7383
IMG_7384
このように、光の色が変化していました。色が定まっていないという意味なんでしょうか。

収玄寺

いつもお庭の手入れの行き届いた、こじんまりとした日蓮宗のお寺です。ここのテーマカラーはグリーン。
会場に着いたところ、ちょうど” 『灯かりを奏でる』 篠笛奏者 井上公平と言う、音楽イベントが始まったところでした。
篠笛を吹く井上さん。伴奏はジャズのジャコ・パストリアスを思わせるようなエレキベース。深い味わいのある演奏です。お庭に聞こえる虫の声や風鈴の音も 曲と一体になっていました。
FullSizeRender


その他の会場

会場は全部で8箇所。今日回った3箇所以外にも、鎌倉大仏高徳院、光則寺、極楽寺、長谷寺、御霊神社でもこのイベントが開催されています。
公式HPの情報によると、長谷寺はこのイベントのために自由拝観となり、また光則寺では、星空映画会と地元商店会による夜市も催しているようです。

最終日の明日26日も、また長谷に行ってみます。みなさんもいかがですか?

読んでくれてありがとう。では、また。