written by Kamapote 
かまくら長谷の灯り。鎌倉 長谷と極楽寺の8つの寺社・施設がライトアップされるイベントです。
期間中は長谷の街の其処此処に、こんな提灯がぶら下がっています。
 IMG_7409
今年2018年の開催期間は8月20日から26日まで。本日26日(日)が最終日です。
昨日は鎌倉文学・甘縄神明宮・収玄寺に行ったので、今日は昨日行けなかった、長谷寺・極楽寺・御霊神社・光則寺に行ってきました。
開催時間は18時半~20時半ですが、各会場の最終入場は20時までとなっています。

主催の「はせのわ」公式HPはこちら

長谷寺

長谷寺は、江ノ電長谷駅から歩いて約5分の距離にあります。奈良時代の創建とされる、歴史ある浄土宗の寺院で、アジサイの季節には多くの観光客で賑わうところです。


IMG_7408
通常は300円の拝観料を収めますが、このイベントに限っては入場無料。
さらに、LEDの提灯も貸してもらえました。
IMG_7393
青い照明に照らされて夕闇に浮かび上がる観音堂。
IMG_7395

観客が手にした提灯の色は青、緑、オレンジ色と変化しています。一斉に同じ色に変化していくのが綺麗ですね。どういう仕組みなのでしょうか?

IMG_7402

IMG_7397



極楽寺

こちらは 江ノ電 で長谷の一つ先の極楽寺駅にある、極楽寺。鎌倉時代創建の真言律宗寺院です。
普段は境内での写真撮影が禁止されているのですが、係の方に伺ったところ、会期中は特別に撮影可ということでした。(但し三脚、一脚等は使用不可)

IMG_7434
山門をくぐると、提灯と蓮の花の淡い光が参道の足元を照らしてくれています。
IMG_7429
FullSizeRender
FullSizeRender
参道の突き当たりは本堂です。極楽寺の境内は、さほど広くはありませんが、春の桜、初夏のあじさい、夏のサルスベリが咲く季節には多くの人が訪れる、人気のあるお寺です。

IMG_7418


御霊神社

極楽寺切り通しを下って再び長谷方面へと向かいます。今度は坂ノ下、御霊神社。こちらも平安時代の創建とされる、由緒ある神社です。
鳥居のすぐ目の前に江ノ電の踏切があります。
あじさいが咲く季節には、江ノ電と神社のあじさいを共に写真に収めようと、多くの観光客がここを訪れます。
IMG_7444

IMG_7438

境内から祭囃子が聞こえています。
IMG_7441
来月9月18日には、御霊神社の例大祭、面掛行列が行われます。



光則寺

再び長谷に戻って、光則寺。鎌倉時代創建の日蓮宗寺院です。お寺の境内には一年を通して様々な花が咲いている花寺として知られています。

IMG_7446
IMG_7449

特に本堂の右手の海棠は、樹齢200年ともいわれる古木で、春にはピンク色の綺麗な花が咲きますが、今夜は灯りが花を咲かせています。
IMG_7450
参道では、地元商店会が夜市の屋台を出していますね。焼き鳥でビールを飲みながら、しばし休憩。
ここ光則寺の参道では、春の桜の季節にも「さくら縁日」という催しの屋台が並びます。
IMG_7454

見にいけなかった大仏

光則寺までで、最終入場時間の20時を越えて時間切れ。この二日間で、一箇所だけ行けなかった場所が高徳院(鎌倉大仏)でした。
鎌倉を代表する観光地なのに...国宝なのに...
悔しいので、塀の外から撮影。ただしピンぼけ。
FullSizeRender
土日だけで8箇所全て巡るのは難しかったですね。残念ですがまた来年ということで、長谷を後にしました。
ここまで読んでくれてありがとう。では、また。